無料
エロ
動画
すすきののメンズエステ バンヤンスリー
自宅に派遣してもらう場合、一般の店舗型風俗のように待ち時間を気にする必要はなく、恋人が自宅に来たかのような自然な感覚を楽しめることが特徴である。一方、自宅を知られたくない場合や、出張等の外泊時には、シティーホテルやビジネスホテル、またはラブホテルなども利用される(ラブホテルは派遣対象外としている店舗もある)。自宅やホテルまでの距離や区域によって交通費を請求されるので、都市部のホテルが良く利用される。

デリバリーされた女性従業員が好みではない場合には「チェンジ」と呼ばれる交代制度によって別の女性に変更が可能であることが多い。

事件防止のため自宅へは派遣しない店もあり、ホテルへの派遣を専門とするデリヘルもある。

また街中に受付所を設け、写真等で女性を選び、周辺にあるホテルを利用するサービス形態もあるが、これは「ホテルヘルス(ホテヘル)」と呼ばれることが多い。

「デリバリーヘルス」という名称は、1998年公布の改正風適法で当該業種が届出対象にされた際に、風俗情報誌「MAN-ZOKU」(マンゾク)を発行している株式会社クリエイターズカンパニーコネクションが発案した。同年、株式会社クリエイターズカンパニーコネクションの関連会社である株式会社シーズホールディングコーポレーションが商標出願登録している(※1)。

※1 商標登録証4522848号

名称の由来
元来風俗とは、生活上見られる風習や慣わしの事を意味する。ダンスやマージャンなど、善良な風俗に影響を及ぼすとされた営業が「風俗営業」として警察の許可を要するようになり、1980年代に流行したノーパン喫茶、テレクラなど性風俗の多様化と共に、これら性風俗営業の店が単に「風俗店」(フーゾク店)と呼ばれ一般に定着してきた。

法律の観点では、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)において性風俗関連特殊営業に含まれる業種・店舗を「風俗店」と呼ぶ場合が多く、ゲームセンターやパチンコ店、料理店等、接待飲食等営業や遊技場営業などは風俗営業であるため、これらは一般的には風俗店とは呼ばない。ただし、性風俗関連特殊営業に含まれない一部の業種・店舗(キャバレー、ピンクサロン、一部のキャバクラ等)については、実際には性的サービスが行なわれているため風俗店(フーゾク店)と呼ばれている。


[編集] 立地
江戸時代には、城下町の外や街道沿いの宿場町に遊郭が設けられ、制限された地域に立地していた。戦後は赤線地帯に立地が制限された。近年では、飲み屋が集中する歓楽街の中や隣接地に立地する事が多い。

現在日本においては、風適法第28条の定めにより、官公庁施設や学校・図書館・児童福祉施設から半径200m以内において新たに店舗型性風俗関連特殊営業を行うことは禁止されている(対象施設の設置前から既に営業している店に関してはその限りではない)。また別途都道府県条例によって対象施設を追加している場合も多い。

日本では性風俗店以外に性的サービスを行っている所は少ないが、アジアの各国では、理髪店や喫茶店、カラオケボックス、スポーツジムなどが売春のための施設を併設しているところがあり、日本のように自治体の条例などの規制が進んでいない場合が多い。


[編集] 営業内容
今日の風俗店にはサービス内容により様々な店がある。女性が男性にサービスする業態の店がほとんどであるが、中には男性から女性へのサービス、ニューハーフから男性へのサービス、男性から男性へのサービス、女性から女性へのサービスなどの業態も存在する。

サービスの内容は、アダルトビデオを個室で鑑賞する店から、実際に性行為を行う店まで幅広い。日本では売春防止法の制定により、売春サービスの提供を業務として行うことは禁止されており、性風俗店で性交を行うこと(本番行為)は禁止されている。しかし実際にはソープランドでの本番行為は黙認されていることが多く、建前上は店は関知していない(女性店員と男性客の合意の上で行われる営業外行為とみなされる)ことになっている。日本では本番行為が行える所はソープランド以外少なく、逆に非本番系風俗の業種が豊富である。



  1. 未分類
  2. トラックバック:0
  3. コメント:0
エントリー下部画像
すすきののメンズエステ バンヤンスリー
日本最北の政令指定都市で、全国5番目の人口を有する北海道の政治・経済の中心的都市。北海道庁所在地。19世紀まではアイヌ民族の住む土地であったが、明治時代に置かれた北海道開拓使によって、京都あるいは、アメリカ合衆国のタウンシップ制[1]をモデルとした碁盤目状の計画都市として開発された。1972年の札幌オリンピック開催を機に観光都市としても世界的に知られるようになった。

香港とほぼ同じ面積を持ち、周辺に江別市、北広島市、恵庭市などのベッドタウンを擁して札幌都市圏を形成する。地方中枢都市には珍しく昼間人口と夜間人口があまり変動しない。市の中心部には地下街が発達し、札幌駅前・大通周辺のショッピングエリアには近郊の都市からも人が集まる。その経済圏(道央圏)の人口は340万人におよぶ。

市町村名の由来
もともと「サッポロ」は現在の豊平川にアイヌの人々がつけた名で、その流路一帯の地名にも転用されたものであるとされる。由来はアイヌ語の「サッ・ポロ」sat-poro(乾いた大きい)であるとする説が有力だが、その意味するところについては「かつての豊平川が乾季に極端に水量が少なくなる川だったため」、あるいは「一帯が乾燥した広大な土地であったため」と意見が分かれる。「サリ・ポロ・ペッ」sari-poro-pet(湿原が広い川)であるとする説は、低湿な豊平川下流部の様子を的確に表しているが、「サリ」あるいは「サル」で始まる表記で記録された書物・地図が見あたらないとの指摘がある。

位置・地勢

冬の藻岩山と麓の市街石狩平野の南西部、石狩川の支流豊平川の扇状地を中心に広がる都市である。市街地は碁盤目状に道路が走る。市の西部・南部は手稲山・円山・藻岩山など山岳・丘陵が大部分を占めている。広い市域の南西約2/3は山岳地帯の森林で、支笏洞爺国立公園に指定されている部分もある

周辺市町村

石狩市 恵庭市 江別市 小樽市 北広島市 千歳市

喜茂別町 京極町 当別町 赤井川村 伊達市

山 : 藻岩山、手稲山、琴似山(三角山)、硬石山、円山、木挽山
峡谷 : 豊平峡
河川 : 石狩川、豊平川、茨戸川、円山川、新川、琴似川、琴似発寒川、発寒川、創成川、伏籠川、月寒川、厚別川、野津幌川、北の沢川、中の沢川、簾舞川、精進川、山鼻川
湖沼 : 定山湖、さっぽろ湖、モエレ沼、ペケレット湖、トンネウス沼、菖蒲池、西岡水源池
滝 : アシリベツの滝、八垂別の滝、平和の滝、星置の滝

気候
亜寒帯湿潤気候と日本海側気候の合併気候で夏と冬の気温差が大きい。昼夜の寒暖差は激しい。冬は積雪が多いが、海からの偏西風に直接さらされないため、近隣の小樽市、石狩市よりは少ない。夏は梅雨がなく、台風の影響も少ない。昭和56年の石狩川の氾濫以降、大規模な河川の氾濫はない。山地に夏頃まで残る積雪が貯水の役割を果たし、水資源は豊富である。また、寒さが厳しいとのイメージが強いが、冬は他の内陸の地域に比べても気温の高めの日が多く、-10℃を下回る日がそれほど多くなく比較的北海道としては温暖な気候である。また、夏は比較的涼しい気候だが、近年は30℃を超える日が多くなってきている。夜も20℃を下回らない日(真夏夜)が北海道内の他の地域と比べても多い。


人口
2007年9月1日現在の人口は1,894,745人である。男女比は女性の10.0に対し、男性は9.0である。10代までは男性が多く、20代以降女性が多くなる。平均寿命の男女差のほか、市内の募集求人が少なく、多くの男性が道外に就職することなどが理由として考えられる。
2005年8月1日現在の外国人登録者数は8,414人である。
合計特殊出生率は政令指定都市の中で最も低い。
  1. 未分類
  2. トラックバック:0
  3. コメント:0
エントリー下部画像
 | 
 
close